中間期の送風運転のすすめ

10月・11月や4月・5月などは冷暖房運転をすることなく過ごせる季節で中間期と呼ばれるエネルギーコストの低い時期となります。 インディアンサマー(小春日和)と呼ばれるような朝晩は冷え込むが日中は汗ばむくらいの陽気の日には冷房運転をすることなく送風運転をおすすめします。

<送風運転とは?>


外気を取り込みそのまま室内に送り込むだけのいわゆる扇風機のような活用手法です。
空調運転の90%をしめるコンプレッサを使わないために冷房運転と比較すると9割削減となります。

<送風の効果>

送風の消費電力 16.9Wh = 42銭/h

冷房運転の消費電力 2900Wh= 72.5円/h 送風運転にすることで99.5%削減

暖房の消費電力 2650Wh = 66.25円/h 送風運転にすることで99,4%削減

風が当たることで体感温度が数度下がり涼を得ることができますが暖を取ることはできないので暖房運転に置き換えることは難しいと思います。  
しかし、中間期の冷房をかけるほどではないけど、汗ばむ陽気の際には「送風」が断然お得なことはご理解いただけると思います。

<送風運転ボタンがない場合の対処>

DAIKIN社製以外のメーカー製では「送風」ボタンがない場合が多いです。 
その際には冷房運転に設定して手動で設定温度を最大値(31℃など)まで高めてください。 
冷房運転にしているのに室外機が回ることなく運転することで冷房運転をしていないこととご理解いただけると思います。

室内環境の可視化のメリット (Co2モニターの導入)

 いっこうに収まる気配のない新型感染ウィルスの感染拡大状況ですが、いわゆる「密防止」のために過剰な換気が昨年から各所で散見されており、これによる空調効率の悪化に伴う電力コストの増加を危惧しておりました。

適正な室内環境とは? 

 それでは空気という見えないものに対して適正の見分け方をどうすればいいのか?

 見えない室内環境を可視化するCo2モニターが有効です。 室温には温度計、湿度には湿度計、そしてCo2にはCo2濃度測定機能が付加されてます。 Co2濃度というのはビル管理法で1000ppm以内にするように定められており、外気は都市部で450ppm前後です。 コロナ以前にはこのCo2測定器を使用して室内への外気の流出入の有無を数値化して空調機器運転中には1000ppm近くなっているかどうかを確認してました。 空調運転時に700ppmという数値を確認して換気扇が回っているのを注意して停止してもらい空調効率を高めるというような指導をして省エネ効果を得てました。 今年はこれを逆利用して空調運転時に換気扇を回してもらい、Co2モニターで1000ppmを超えたら通気を得るために10分間程度二か所以上の開口部の開放を勧めてます。

 ロケーション別のCo2濃度の例はこちらです

それでは危険値はどのくらいなのでしょうか?

3500ppm以内であれば健康上の問題はないという指標になってます。 元々Co2濃度の管理が法的に決められているのは健康上の理由よりも脳内に酸素が不足することにより行動する上でのパフォーマンスが落ちてしまうことを問題視したことによります。 「労働」「学習」「運動」において実力が発揮できない環境になってしまうための管理となってますので本来は過敏になることはないのですが、新型コロナウィルスの蔓延防止による密防止にこの指標を利用することで適正な室内環境の可視化にメリットがあると思います。

それではどのようなCo2モニターがいいの?

価格:5000円以下の製品はセンサーの不具合が多くておすすめできませんので注意ください。
表示内容:「室温」「湿度」「Co2濃度」の3種類が大きく表示

アマゾンで「Co2モニター」で探してください。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0-CUSTOM-CO2-mini-CO2%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/B00I3XJ9LM/ref=sr_1_27?crid=RHYE5T2OTK5X&dchild=1&keywords=co2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC&qid=1631451044&s=industrial&sr=1-27

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0%E6%BF%83%E5%BA%A6%E8%A8%88-CO2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC-%E7%A9%BA%E6%B0%97%E8%B3%AA%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC-0%E3%80%9C9999PPM%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E7%AF%84%E5%9B%B2-%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E7%9B%A3%E8%A6%96/dp/B0995KZMFC/ref=sr_1_31?crid=RHYE5T2OTK5X&dchild=1&keywords=co2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC&qid=1631451044&s=industrial&sr=1-31

*「換気後300ppm」とありますが-300ppmの誤りだと思います。 
400ppm以下は平地ではなかなかない低い数値です。 
もしも窓を閉め切った室内で400ppmが計測された場合には機器の測定ミスを疑うべきです。
近年はとても安価になったCo2計測端子ですが残念ながら粗悪品も多いのが実際です。 

整体院の現状調査と有効策

空調機種内容

院の空調機器は70%が天カセ型の4方向であるということがわかりました。
20坪~50坪の院内を効率的に空調コントロールするには壁型より良いという事だと思います。 
この設備により室内の位置による温度差が少なくなるメリットがあります。

壁は吹き出し口からの距離に応じて効率が変化するために位置による差異が多くなります。
機器の効率を向上させるためにはコンティニウム、空調効率を高めるためにハイブリッドファン、サーキュレーター、扇風機の同時使用が有効です。

フィルター清掃頻度

室内環境に左右されますが2週間に一回がベストが一般的です。 6割が合格点となってます。 カビやにおいの原因にもなりますのでお客様満足度の向上のためにも最低毎月一回をルールとして定着することで削減とともに環境改善につながります
<対策>
アンケートの結果から鑑みると特に決められたルールがあるわけではなくて週に二回からしたことがないまで多岐に及ぶ結果となってます。 環境整備点検の項目に入れるなどして適正なルールに基づくことによって確実な成果が得られると思います。 逆にルールに入れなければ削減は進まないと思います。


【ルールの策定 】 ⇒【成果の可視化】⇒【優秀者を褒章・落第点を指導】

冬季の室温設定

国が求める推奨温度は20℃ですが22℃を提唱してます。 1℃の緩和で10%の電気料金の削減が目安となってます。 90%の院が23℃以上の設定になっているために22℃以下でお客様から寒さでクレームが来ないようにする工夫が目標になります。 設定温度を下げて院内が寒くなってしまっては本末転倒です。 我慢せずに削減する道の解明が必須です。
<対策>
*サーキュレーター・ハイブリッドファンの併用
*扉の開放ルールの策定
*二重窓
*コンティニウムの導入
*灯油ストーブの導入
*加湿器の導入
*コンティニウムの導入

暖気は天井部分に留まるために何も対策をしなければ22℃の設定では施術の際の患者様も位置では20℃前後の空間となり寒く感じる方も多いかと思います。 更に新型コロナ感染拡大防止策としてタオル掛けを控えるなどの場合にはなおさらです。 何度もブログで紹介してますが室温設定の標準化を急ぐ必要があります。 
【サーキュレーターorハイブリッドファン】⇒【コンティニウムの導入】が有効です。

夏季の室温設定

国が求める推奨温度は26℃ですが25℃を推奨してます。 86%の院が努力対象になります。 扇風機との同時使用などで体感温度を下げるなどの工夫で緩和は可能と思われます。 設定温度を上げて院内が暑くなってしまっては本末転倒です。 我慢せずに削減する道の解明が必須です。
コロナ前から指摘しておりましたが扉の開閉ルールが決められてないために集客を促すためにという理由で扉の開放をしている院が多かったです。 
衝動的な理由での来院の可能性はとても低いと思いますので締め切っていても集客が落ちることは考えられません。 扉を閉めていないことにより夏の暑気が容赦なく入り込み空調効率を著しく低下させてました。


<対策>
*扇風機の併用
*日射の侵入の防止
*扉の開放ルールの策定
*二重窓
*室外機の遮熱措置

*除湿器の導入
*コンティニウムの導入

冬の空調の省エネ対策ベスト5

2020年~2021年の冬はラニーニャ現象の影響で記録的な暖冬だった前年と比較して大雪を伴う厳しい寒波に襲われる可能性が高いとの予報が出されております。 空調機器の効率を上げる対策を下記しますのでできるところから始めて電力コストの最適化を目指してください。
 整骨院・オフィス・物販店舗・ご家庭など多くの場面で有効な対策です。

①空調機器のフィルターの清掃 
フィルター清掃を適正に行うことは空調機器の効率の向上対策として最優先事項です。 正しい手順と方法が紹介されてるサイトを検索しましたのでご参照ください。 
暮らしのマーケットマガジン
エアコンのフィルター掃除|水洗いで簡単に!重曹を使ってしっかり掃除!

壁掛け型クーラーのフィルター清掃の一例です。 フィルターを取り出す!!
この部分を押し上げる形で取り外します。
埃のたまり具合から1~2週間に一回の清掃が必要です。掃除機で吸い取るだけの軽作業です
空気の通りをよくすることで電力消費を少なくすることが可能です

②開口部からの寒気の流入防止策を講じる
冬は開口部(出入口や窓)から暖気を58%放出してしまいます。(図参照)

開口部から熱が58%逃げていきます。換気は感染拡大防止策として必要悪として目をつむりたいとことなのですが扉と窓の開口部は防止可能です。 上下図ともに参照サイト マド本舗
せっかく暖房して暖めた空気も、窓の断熱性が低いと窓辺で空気が冷やされたり(コールドドラフト現象)、すき間から冷気が入り、その冷気が足元にたまってしまいます。足元までポカポカ暖かくするためには、窓の断熱性を高め窓付近の気温を下げないようにすることが効果的です。

これらの問題を解消するためには、開口部を透明カーテンにより遮って空気層を作り熱の放出を防ぐことが有効な対策となります。

断熱カーテンライナー アマゾンサイトから引用
カーテンの内側に設置することで熱の流出入を防止します。

③サーキュレーターにより室内温度の平準化を目指す

サーキュレーターの有効性については再三ブログで配信してますのでご参照ください。

冬は上部に向けて風を送って上部に溜まる暖気をかき混ぜる

④湿度コントロールをする。
湿度が高くなると体感温度は高くなります。 逆に乾燥が進むと肌寒くなってしまうので従来のストーブに夜間を乗せて蒸気の湯気を得るのはとても理にかなった暖の獲り方でした。 石油ストーブの場合にはヤカンをかけるなどは今でも変わらずの得策ですが、エアコンの場合には加湿器が必要となります。
 湿度と気温のバランスを把握して適当な湿度を狙って暖房対策を行うことがとても重要になります。

45%~65%の狭いゾーンに収まるように湿度コントロールが健康と省エネに直結します。

⑤ワームビズを行う。

 機器などを使わずに居室内にいる各人が自身を機能性下着、電気毛布、電気カーペットなどで温めることでベースとなる空調の設定温度を緩和するのが狙いです。 決して根性論で寒さに耐えろと伝えているわけではありません。

参考サイト  ウォームビズ ポカポカゼミナール

まとめ

「的確なメンテナンスのルール作り」
「熱の放出防止」
「効率向上グッズの導入」

 寒さに耐えて作業を行うのは精神的にも肉体的にもストレスが増えてしまうので非効率的です。 コストがかからないメンテナンスを特に強化して乗り切ってください。 やり方次第で2割~3割の空調コスト削減が可能です。

整骨院の冬の対策 -省エネに効果的な機器-

新型コロナ感染拡大防止策としての有効策は下記とされてます。

 1.手指消毒 2.マスク着用 3.換気の気配り 4.密の回避 5.会食の抑制 6.うがいの励行          

これらの有効策の実行は事業を継続していくためにも自身や家族を守るためにも、社会人としての必須事項となっています。患者様を受け入れる院では施術者が完全な配慮を行うことはもちろんのこととして割愛しますが、2020年の冬に考えられる特殊な対策について解説します。

 2020年の冬は密を避けるために扉や窓の開放と換気扇の運転を行う事が必須となります。 これを効果的に行いながらブランディング・集客促進・売上確保・感染拡大防止・省エネ・環境保全のためにも実施が必要です。

①湿度計・不快指数計-室内環境の可視化-

直感的に見やすいものがおすすめです。

行った施策の成果の把握ができないとその後の深堀や継続ができません。 年間を通して使用可能で直感的に視認できるタイプがおすすめです。 冬は湿度が高いと体感温度が高くなるため省エネにもつながります。 また夏は逆に除湿をすることで過度に冷やさなくても涼を得ることができるため常に必要な計器となります。 湿度35%以下でウィルスの活動は活発になるので健康管理のためにも湿度管理はとても重要となります。

②間仕切りカーテン -外気流入防止策-

接触が多い整体院では換気対策の実施の視認性を高めることで徹底した 感染拡大防止策をブランディングにつなげる集客対策をする必要があります。 その一環として入口ドアを開放するのが最も効果的だと思います。 しかしデメリットとして外気の流入により室内温度が低下するため空調負荷が高まり増エネにつながってしまいます。 空調機器の設定温度1℃の増減でコストは10%増減の目安となります。 暖房は冷房よりもコストが高くなるために例年の同月比で30%は増えることが予想され全店規模で試算するとかなりのコストアップとなります。 決して傍観できる額ではないために工夫とともに機器の導入が必須となります。

突っ張り棒で短冊状のカーテンで仕切るだけで一定の効果が期待されます
DIY感覚で自店での取り付けが可能です。
間仕切りカーテン アマゾンサイト

③エアーカーテンの導入-外気流入防止策-

間仕切りカーテンとの違いは入り口上部に設置することで空気の見えない壁を作ることにあります。 扉部分になにもないために開放感はUPします。 デメリットとしては導入コスト・運転中の機械音・設置作業があります。 メリットとしては美観を保つことがあげられます。 もちろん夏季でも有効です。

④加湿器 -湿度管理-

 湿度の上下で体感温度が上下します。 室温が低くても湿度が一定以上あれば体感温度的に寒さが緩和します。 夏季には逆に湿度を低くすることで室温が高くても暑さが緩和します。 したがって必要以上の冷暖房コストを回避する目的で湿度管理を行いコストカットを目指す一方で湿度35%以下になると活動が活発になるウィルスを抑制できるという側面もあり湿度管理はとても重要となります。 外気が25%を下回る冬季において扉を開放する対策を実施する場合には湿度管理を徹底する必要があります。            

冬は45%以上を目指してください。外気は30%を下回ります。
湿度計や室温計 タイマーなどが分かりやすい製品が良いと思います。
5%の改善が望めます。 1000円程度ですがこれを数個おくのであれば加湿器がおすすめです。

⑤コンティニウムの導入 -空調効率向上-

 空調効率の改善を行う特許品です。 吸気と排気を同時に行う空調機は空気摩擦により生じた静電気が排気の際の抵抗となりコンプレッサー負荷を高めてしまいます。 トルマリンなどの特殊成分を練りこんだマイナス電子を帯びた特殊な樹脂により静電気の発生を抑制することで空気の通りをよくしてコンプレッサ負荷の軽減と熱交換器部分(アルミフィン)へのほこりの付着を防止することで約30%の空調コスト削減が得られる話題の機器です。            https://www.continewm.com/products/                  2019年に特許を取得し効果に絶対の自信を持つコンティニウム社は類似品と一線を画すためにも購入前に必ず試験設置を行います。効果を確認してから販売をするという安心の購入方法もお勧めできる要因です。           

50㎝角で天カセのフィルターの上に設置します。 壁型の場合には半分に切ります。

外気が流入することによる増エネを最小限にするためにとても有効な機器となります。 エアーカーテンとコンティニウムは夏にも有効ですので投資回収は1年~2年程度です。   

フィルターの上に置くだけ の天カセタイプの設置イメージです。

CONTINEWMは、エアコンの熱交換を妨げる静電気を除去し、無駄な電力消費をなくします。
そのメカニズムは2通り。

【その1】

エアコン内の熱交換器(フィン)および樹脂製パネル(絶縁体)は、ファンの回転に伴う空気との摩擦により静電気が発生し、プラスに帯電しています。エアコンが帯電すると、空気の流れが本来意図していたものにならず、熱交換効率が低下します。すなわち、プラスに帯電した空気が熱交換器やパネルを通ると斥力(反発力)が作用し、空気は表面から離れていきます。すると、熱の伝導率が低くなり、熱交換効率が悪化します。

常にマイナスに帯電しているCONTINEWMはプラスの電荷発生を抑え、無電荷状態の空気に変えます。このことで、エアコンは静電気の影響を受けず、本来意図していた熱交換効率を発揮することができます。

【その2】

空気中に漂っているホコリは、ほとんどが静電気を帯びていて、帯電している物質にくっつきます。ホコリがエアコンに吸い込まれると、空気との摩擦によって帯電している熱交換器(フィン)に付着し、溜まっていきます。(左図)これが、熱交換効率悪化の原因となります。

ところが、CONTINEWM装着後は【その1】によりフィンが帯電しないためホコリが付着しにくくなります。(右図)したがって、エアコンは本来意図していた熱交換効率を発揮し、無駄に消費していた電力を回復することができます。

⑥サーキュレーター -空調効率向上-

分子の軽い暖気は屋内空間の上部に留まります。 来院された患者様が施術を受ける床に近い部分は常に冷たいゾーンとなります。 上部にあるエアコンの吸い込み口で室内温度を計測して設定温度に向かって運転するため、上部の暖かい室内空気を吸い込んで停止してしまいお客様のいらっしゃる位置での必要温度との実際の温度の乖離が埋まることはありません。 どうしても冷たくなってしまうために設定温度が上がってしまいます。 設定温度1℃のUPで10%の増エネとなってしまうのが通常です。 逆に1℃の省エネで10%の削減効果を得ることができます。 これを防ぐためには室内温度を平準化する必要があります。 冬季はサーキュレーターを上向きにしてビリヤードの玉が壁に当たって方向を変える原理で床方向に暖気を掻きまわします。 冬には必ず必要な製品のひとつです。

暖房の場合は、部屋の隅からエアコンに向けて対角線上にサーキュレーターを設置することで、天井付近に留まっている暖気を循環させ、空気を効率よく動かすことができます。対角線上に設置できない場合は、真上に向けて風を送ることで空気が循環します。

まとめ

これまでに産み出した差益を利用してなるべくスタッフの労力をかけずに省エネ活動を推進する必要があると思います。 新型コロナ感染拡大防止策のために増えるエネルギーに対しては最小限の投資を行い経費増加を食い止めることが最善策と考えます。そのため「省エネ革命」としては珍しく機器の紹介を優先して推奨いたします。

整骨院の省エネ対策

少子高齢化が進む日本において健康保険が利用できる整骨院の数は多くて今後も発展が予想されるビジネスモデルの中の一つに位置していると思います。 「コンビニの数より多く存在する」「半径200mに複数共存可能」などのたとえがあるほどの盛況ぶりです。 

店舗数が多いということはそれだけ電力などのエネルギーの消費も多いために省エネに取り組むことで1店当たりの削減額は少なくても総じて大きな効果が得られると思います。

このページでは弊社のクライアントであるケイズグループさんの整骨院を例にとって傾向と対策について解説させていただきます。 

<省エネ対策の意義>
整骨院のエネルギー消費はほとんどが電力になります。 冬季の灯油ストーブなどの灯油代がある場合には冬季に特筆するとしますが、通年を通してほぼ100%のエネルギーを電力で賄ってます。
毎月1000円の電気料金を削減することは純利益2%として50000円の収益のUPと同じ効果を経営にもたらします。 1年で60万円 70店舗で4200万円の収益のUPが節約できるのであれば削減も一つの業務という意味をご理解いただけると思います。

整骨院の省エネ対策手法

<照明分野> 店内照明・看板照明・トイレ照明・間接照明
傾向
最適照度より過剰になっている場合が多くみられます。 ブランドイメージに支障をきたさないことを前提に最適化が必要です。 より少ない消費電力で同程度のイメージを演出する工夫などをすることで365日の削減が可能になります。
少しの努力でも長いスパンで積上げると大きなものとなります。
治療に来たお客様がまぶしいと思うくらいの照度は1000lux程度と思われます。
ブランディングのために店外からの視認性をよくするには奥の壁を2割程明るくすることでサファリ効果という入店を促す効果を作り出すことが可能です。

対策
*LED化(ほぼ全店舗LED化がおわってます)
*人感センサーの導入(特にトイレには必要です)
*間引き(逆富士二灯型の蛍光灯型のLEDの際には1本抜くなど)
*点灯ルールの構築 (日中の窓際など過剰と思われるところは消灯しましょう)

<空調分野> 冷暖房
傾向
本来は気密性を高めるために扉・窓を必ず閉めて換気扇を止めて空調運転をすることが望まれますが新型コロナウィルスの感染拡大防止策の一環として密を防ぐのはスタッフのためにもお客様のためにもブランドのためにも必要なことです。
 しかし、ドアや窓を開放のままでは真夏や真冬は室内環境は劣悪なものとなってしまい、室内温度を整えるために多くの消費電力が必要になります。
 これはナンセンスなので的確な換気について学び省エネと室内環境の最適化を同時に行う必要が2020年は求められます。 ダイキンが換気手法についてとてもためになるサイトを作ってますので参照願います。

ダイキン 上手な換気の方法 サイト


対策:サイト内から最適策を参照願います
フィルター清掃 毎月1回(約7%の削減効果)
*日射の遮光(赤外線の室内への侵入を防ぎましょう)
的確なドライ方式を把握する。
*扇風機の同時使用(風は体感温度を3~4℃緩和して室温設定緩和を可能に)
*効率的な換気手法(常時換気扇を回して対角線上の窓や扉を少しだけ開放)
*室外機の遮熱(室外機を直射日光から遮る)
*室内機のクリーニング(空調効率の改善とにおいを除去します)
*室内温度の平準化(25℃を目安に緩和に努める。-1℃で空調コスト‐10%)
コンティニウムの導入(空調コストを2~40%の削減が可能な優れものの機器)

<コンセント分野>EMS機器・スポットヒーター・扇風機・サーキュレーター等

対策
*待機電力の削減(EMS機器の待機電力の測定から始めます。)
*冷蔵庫の設定の最適化(冷蔵庫をあまり使わない場合には弱に変更が有効)
*冷蔵庫の冷気流出防止策(庫内に冷気流出防止カーテンの設置が有効)
*PCの省エネモードの導入(スリープ機能を有効にします)
*洗濯機や乾燥機の効率化(待機電力の防止と運転の効率化を目指します)