中間期の送風運転のすすめ

10月・11月や4月・5月などは冷暖房運転をすることなく過ごせる季節で中間期と呼ばれるエネルギーコストの低い時期となります。 インディアンサマー(小春日和)と呼ばれるような朝晩は冷え込むが日中は汗ばむくらいの陽気の日には冷房運転をすることなく送風運転をおすすめします。

<送風運転とは?>


外気を取り込みそのまま室内に送り込むだけのいわゆる扇風機のような活用手法です。
空調運転の90%をしめるコンプレッサを使わないために冷房運転と比較すると9割削減となります。

<送風の効果>

送風の消費電力 16.9Wh = 42銭/h

冷房運転の消費電力 2900Wh= 72.5円/h 送風運転にすることで99.5%削減

暖房の消費電力 2650Wh = 66.25円/h 送風運転にすることで99,4%削減

風が当たることで体感温度が数度下がり涼を得ることができますが暖を取ることはできないので暖房運転に置き換えることは難しいと思います。  
しかし、中間期の冷房をかけるほどではないけど、汗ばむ陽気の際には「送風」が断然お得なことはご理解いただけると思います。

<送風運転ボタンがない場合の対処>

DAIKIN社製以外のメーカー製では「送風」ボタンがない場合が多いです。 
その際には冷房運転に設定して手動で設定温度を最大値(31℃など)まで高めてください。 
冷房運転にしているのに室外機が回ることなく運転することで冷房運転をしていないこととご理解いただけると思います。

業務部門での常時利用機器の省エネ対策

業務部門における電力消費は照明・空調・コンセントの三部門が9割以上を占めます。 コンセント分野につきまして省エネ対策を解説したいと思います。

<常時利用機器への省エネ対策>

洗濯機

①待機電力のカット
利用時以外はコンセントを抜くことが有効であるがコンセントの抜き差しの工数を減らすためにも100円ショップでコンセントにON OFFスイッチのついたアダプターを取り付けるのが有効です。

②なるべくまとめ洗いを励行とする。
しかし水が回らないくらいに詰め込んでしまうと洗いあがりがよくないので適正な量を把握して選択を行う。

③新た機器と買い換える
参考となるサイトをご参照ください。
https://tagtag.hokkaido-gas.co.jp/portal/ecolife/appliance/2800

平均で8年で買い替えが進んでいるという統計がありますので性能に疑問が起きた場合には買い替えも視野に検討してください。
年々進化しているために消費電力と必要な水量とを調査が必須です。

乾燥機

乾燥機に関しては利用方法の工夫がまず肝心となります。
①乾燥させる量を減らす
一回に適当な量を把握して80%程度の数量で乾燥機を回す
②速乾モードを使わない
時間に余裕がないなどの特別な場合を除いて速乾モードは利用しない。
③フィルター清掃
フィルター清掃をマメに行う

冷蔵庫

24時間365日つけっぱなし状態にある冷蔵庫は放置されがちですが工夫次第で成果を確実に狙えます。

①扉の開閉を減らす(冷気流出防止フィルムの設置)
扉に内容などを記載したり100円ショップで販売されてる冷気流出防止フィルムを張ることで効率悪化を防止する。

②冷蔵庫の設定を緩和する。
一般的な二枚扉の家庭用冷蔵庫の設定を「強」⇒「中」に設定変更するだけで¥1620/年の削減が可能との報告があります。
③壁面から10cm離して設置する。
冷蔵庫の背面には熱交換器がありますので設置する壁との間に一定のスペース(10cm~15cm)を空けることで通気性がよくなり熱がこもらなくなるので熱交換効率を損なうことを防ぎます。 このスペースの有無によって¥1180/年の差があるという報告があります。

チリも積めれば山となります。 横展開するのにとてもいいヒントがありますのでどんどん採用して成果を目指してください。

冬の空調の省エネ対策ベスト5

2020年~2021年の冬はラニーニャ現象の影響で記録的な暖冬だった前年と比較して大雪を伴う厳しい寒波に襲われる可能性が高いとの予報が出されております。 空調機器の効率を上げる対策を下記しますのでできるところから始めて電力コストの最適化を目指してください。
 整骨院・オフィス・物販店舗・ご家庭など多くの場面で有効な対策です。

①空調機器のフィルターの清掃 
フィルター清掃を適正に行うことは空調機器の効率の向上対策として最優先事項です。 正しい手順と方法が紹介されてるサイトを検索しましたのでご参照ください。 
暮らしのマーケットマガジン
エアコンのフィルター掃除|水洗いで簡単に!重曹を使ってしっかり掃除!

壁掛け型クーラーのフィルター清掃の一例です。 フィルターを取り出す!!
この部分を押し上げる形で取り外します。
埃のたまり具合から1~2週間に一回の清掃が必要です。掃除機で吸い取るだけの軽作業です
空気の通りをよくすることで電力消費を少なくすることが可能です

②開口部からの寒気の流入防止策を講じる
冬は開口部(出入口や窓)から暖気を58%放出してしまいます。(図参照)

開口部から熱が58%逃げていきます。換気は感染拡大防止策として必要悪として目をつむりたいとことなのですが扉と窓の開口部は防止可能です。 上下図ともに参照サイト マド本舗
せっかく暖房して暖めた空気も、窓の断熱性が低いと窓辺で空気が冷やされたり(コールドドラフト現象)、すき間から冷気が入り、その冷気が足元にたまってしまいます。足元までポカポカ暖かくするためには、窓の断熱性を高め窓付近の気温を下げないようにすることが効果的です。

これらの問題を解消するためには、開口部を透明カーテンにより遮って空気層を作り熱の放出を防ぐことが有効な対策となります。

断熱カーテンライナー アマゾンサイトから引用
カーテンの内側に設置することで熱の流出入を防止します。

③サーキュレーターにより室内温度の平準化を目指す

サーキュレーターの有効性については再三ブログで配信してますのでご参照ください。

冬は上部に向けて風を送って上部に溜まる暖気をかき混ぜる

④湿度コントロールをする。
湿度が高くなると体感温度は高くなります。 逆に乾燥が進むと肌寒くなってしまうので従来のストーブに夜間を乗せて蒸気の湯気を得るのはとても理にかなった暖の獲り方でした。 石油ストーブの場合にはヤカンをかけるなどは今でも変わらずの得策ですが、エアコンの場合には加湿器が必要となります。
 湿度と気温のバランスを把握して適当な湿度を狙って暖房対策を行うことがとても重要になります。

45%~65%の狭いゾーンに収まるように湿度コントロールが健康と省エネに直結します。

⑤ワームビズを行う。

 機器などを使わずに居室内にいる各人が自身を機能性下着、電気毛布、電気カーペットなどで温めることでベースとなる空調の設定温度を緩和するのが狙いです。 決して根性論で寒さに耐えろと伝えているわけではありません。

参考サイト  ウォームビズ ポカポカゼミナール

まとめ

「的確なメンテナンスのルール作り」
「熱の放出防止」
「効率向上グッズの導入」

 寒さに耐えて作業を行うのは精神的にも肉体的にもストレスが増えてしまうので非効率的です。 コストがかからないメンテナンスを特に強化して乗り切ってください。 やり方次第で2割~3割の空調コスト削減が可能です。